びわの葉から抽出した「びわ茶」を飲んだことはありますか?

私は以前鹿児島に住んでいたので、お店で見かけることもありますが、それ以外の地域の人にはあまりなじみのないお茶ではないでしょうか。ですが、このびわ茶は多くの効果や効能があります。

ただお茶は全般的に体に良い成分が多く含まれているので、健康のために飲んでいる方も多いと思います。では他のお茶とびわ茶にはどのような違いがあるのか、なぜびわ茶がおすすめなのか詳しくお伝えします。

公式サイト⇒『効果・効能がスゴイ!人気NO.1ねじめびわ茶はこちらから』

びわとは?その特徴や不思議な力について

びわはインドや中国が原産で「百薬の樹」と呼ばれ、「万病をいやす力がある」と言われてきました。さらに古来より栄養価の高さから漢方民間療法でも使用されて、古いインドの教典では、「びわの樹は大薬王樹」であると記されています。

薬効のある植物は他にもいろいろありますが、びわの樹はその中でも最も薬効のある樹と言われ

と全ての部分が利用可能で、お釈迦様は「どんな病気も治してしまう」と教えています。日本では奈良時代から救済施設でびわの葉療法が行われていて、「一家に一本のびわの木があれば医者いらず」と言われていたようです。

どちらも遠い昔の話ではありますが、現在もびわの葉を使用した自然療法があり、病気の治療をしている人もいます。実際にびわの葉の健康法について下記の本が出版されています。

この本の内容は

ビワの葉療法は冷えや便秘、腰痛などふだん多い症状によく効くだけでなく、
ガンや糖尿病、高血圧、肝臓病、腎臓病、リウマチその他の難病など、
現代医学が手こずる難しい病気にも偉効を示します。
とくに玄米自然食など他の自然療法と併用すると、その効果がさらに高まります。

本書では、ビワの葉療法の進め方と効果を高める工夫やコツ、
ビワの葉療法に併用すると効果的な他の自然療法のやり方を詳しく解説しました。

と書かれています。もちろんびわの葉だけで治るとは限りませんし、全員が同じ効果を得られるというわけではありません。ですが、病院で治療をしても、なかなか改善が見込めない場合はびわの葉の自然療法を摂り入れてみてはいかがでしょうか。

また、この本ではびわの葉こんにゃく湿布を貼るだけでなく、身体に良いものも取り入れましょうとも書いています。そこでおすすめはびわの葉から抽出した「びわ茶」を飲むことです。

びわの葉を肌にあてて、びわ茶を飲めば身体の外と中から効果が期待できますね。

びわ茶の注目の栄養成分

重合ポリフェノール

ポリフェノールは5,000種類以上あるとも言われていますが、どのお茶にもポリフェノールは含まれており

  • 緑茶:カテキン
  • 紅茶:紅茶ポリフェノール
  • 烏龍茶:烏龍茶ポリフェノール

とそれぞれに違うポリフェノールがありますが、びわの葉は「重合ポリフェノール」と言われています。これは加工段階でカテキンサポニンなどのポリフェノールがそれぞれ結合(=重合)することで、できるところからこのように名付けれています。

びわの葉に含まれている数種類のポリフェノールが多くの効果や効能をもたらしていると考えられているのですが、まだ研究の途中で「びわの葉には、発見されていない新種のポリフェノールが含まれているのでは?」とも言われています。

豊富なミネラル

びわ茶には豊富なミネラルが含まれていますが、特にカルシウムマグネシウムカリウム、が多く含まれています。

種類 働き
カルシウム(Ca) 歯や骨の材料となる
精神の安定化
マグネシウム(Mg) カルシウムの量を調節
筋肉の収縮を促す
酵素の働きをサポート
カリウム(K) 余分なナトリウムを排出
高血圧予防、むくみを予防
鉄(Fe) 赤血球の材料、貧血予防
酸素を身体のあらゆる細胞へ運ぶ
亜鉛(Zn) 酵素の働きをサポート。傷の治り
を早くする。味覚を正常に保つ
代謝の促進

どのミネラルも現代人が不足していると言われている成分なので、びわ茶などを飲んで積極的に摂るようにしましょう!

その他にびわ茶には疲労回復効果のあるクエン酸抗菌作用サポニンなどが含まれています。ですが、びわの葉の育った環境やお茶に加工する方法の違いによって成分に異なりもあります。

その中でも特に質の良いびわ茶があり、それが「ねじめびわ茶」です。

ねじめびわ茶とは?他のびわ茶との違いについて



ねじめびわ茶」は鹿児島県の十津川農場が販売しているびわ茶です。無農薬・無化学肥料でびわを栽培しているのですが、それだけではありません。普通のびわ茶とは製造方法が違います。

一般的にびわ茶びわの葉を洗浄した後に天日乾燥させます。

ねじめびわ茶は茶葉を機能水で洗浄した後に天日乾燥させて、トルマリン石で350℃以上の高温で焙煎する工程を加えています。

機能水とは?

数十種の鉱石で構成された層に水を循環させて粒子を細かくした水です。機能水に浸け込むことによりアクや汚れを取り除いて、より多くの旨味やうれしい成分を引き出します。

トルマリン石とは?

遠赤外線やマイナスイオンを半永久的に流し続けると言われています。

これによりびわの葉の栄養成分を十分に引き出し、ミネラル豊富なお茶になります。

一般的なびわ茶はびわの葉を細かく刻んで乾燥させるだけですが、ねじめびわ茶は他と違いこだわりを持って製造しています。

ねじめびわ茶と他のびわ茶の成分の違い

日本人が不足しがちなカルシウムマグネシウムカリウムは一般のびわ茶の3倍以上含まれています。一方で過剰摂取している人が多いと言われるナトリウム(塩)は少ないです。

注目の成分ケイ素(シリカ)

ねじめびわ茶には他のびわ茶にはないケイ素が含まれています。

ケイ素は「シリカ」と呼ばれている注目の成分です。特に「シリカ水」は美肌効果があるとして女性を中心に人気があります。その他のケイ素の効果は

  • 美髪
  • デトックス
  • 免疫力アップ
  • アンチエイジング

などが期待されていますが、歳を重ねるごとに減少してしまうので意識して摂りたい成分です。

『シリカが含まれている”ねじめびわ茶”を飲んでキレイになる!公式ページはこちら』

ねじめびわ茶に危険性はある?

平成29年12月8日に農林水産省が「びわの種子の粉末は食べないようにしましょう。」と呼びかけました。

ビワなどの種子(たね)や未熟な果実には、天然の有害物質が含まれています。本年度、ビワの種子を粉末にした食品から、天然の有害物質が高い濃度で検出され、製品が回収される事案が複数ありました。ビワの種子が健康に良いという噂(うわさ)を信用して、有害物質を高濃度に含む食品を多量に摂取すると、健康を害する場合があります。
一方、熟した果肉は、安全に食べることができます。

農林水産省ホームページより

天然の有害物質というのはアミグダリンプルナシンという成分です。ですが、現在もびわ茶に含まれているアミグダリンという成分がガンに効果がありますと紹介しているサイトがありますが、これは間違いです!

以前はアミグダリンは体内で分解されると「ガン細胞を攻撃する」または、ビタミン17と呼ばれていた時期もありました。ですが米国国立ガン研究所(NCI)

アミグダリンはガンへの治療や改善、延命などに対して効果が無く、反対に青酸中毒を起こし死に至る恐れがある」と指摘しています。また、ビタミンB17として扱っていた事も昔の話で現在では否定されています。

アメリカ食品医薬品局(FDA)ではアミグダリンの健康食品やサプリメントの販売は禁止されています。

びわ茶の販売サイトではアミグダリンの効果について書いてあるところもありますが、それは全くのウソです。現在、アミグダリンにはガンへの効果がないだけでなく、危険性が高い成分というのが常識です。

ねじめびわ茶にはアミグダリンは一切含まれていません。ねじめびわ茶にはアミグダリンは検出されていない」と販売元の十津川農場のホームページでも掲載しており、安心・安全に飲むことができます。

『安心・安全のねじめびわ茶の公式ページはこちら』

ねじめびわ茶の効果や効能と鹿児島大学との共同研究

ねじめびわ茶を販売している十津川農場と国立の鹿児島大学は平成16年からの共同研究により特許を取得しています。

「特許取得」

ビワ葉抽出物を含有する飲料品および医薬品」(特許 第4974116号)

  • ガン細胞増殖抑制剤
  • ガン細胞アポトーシス誘導剤

※アポトーシス:ガン細胞の自滅の一種で腫瘍の成長を未然に防ぐ。

つまりガンの細胞が増えるのを抑える働き成長を防ぐ(=予防)働きについて特許がおりたということです。

特許の申請の資料によるとガンに効果があると言われているのは、もちろんアミグダリンではありません。ポリフェノールやメガスチグマン配糖体などによるものであると報告があります。

さらにねじめびわ茶はこれ以外にも下記の特許を出願中です。

特許出願中

  • 抗腫瘍作用
  • 肝機能改善作用
  • リパーゼ阻害作用
  • α‐グルコシダーゼ阻害作用
  • 抗酸化作用

リパーゼは脂肪を分解する働きがある酵素、 α-グルコシターゼは糖の吸収や消化を助ける働きがある酵素です。これらを阻害することで食品中の脂質や糖質(炭水化物)の吸収を抑制したり遅らせます。

食事で摂った脂肪は小腸から吸収されますが、通常は吸収される際に消化酵素のリパーゼによってモノグリセリドと脂肪酸に分解され、小腸より吸収されます。ねじめびわ茶にはこのリパーゼの働きをブロックすることで脂肪吸収を抑えます。

現在動物(マウスやラット)実験では

  • 抗高脂血症作用(血中のコレステロールやトリグリセリドを低下させるこ と)

※トリグリセリドは中性脂肪

  • 高血圧抑制作用
  • 活性酸素種産生作用
    (ガン細胞中に活性酸素種を産生し、ガン細胞を死滅させること)
  • 高血糖降下作用
  • 抗酸化作用(体内の活性酸素を取り除く)

これらに対して効果があるとして特許を申請中です。このように大学と共同研究したり、特許を取得や出願したりしているお茶は他にありません。ぜひ健康や美容、ダイエット効果を実感したい方は試して欲しいお茶です。

『ねじめびわ茶」!公式ページはこちら』

リラックス効果

ねじめびわ茶は「リラックス効果」もあります。

ねじめびわ茶を飲んで

  • 自律神経の症状が改善
  • 不眠が改善

いう人もいるようです。

これはねじめびわ茶には香ばしい焙煎の香りの成分の「ピラジン」が含まれているためです。この香気成分は鼻でかぐことにより

  • 精神を安定させる
  • 脳の働きを活性化
  • 血液サラサラ作用

といった効果も期待されています。つまりねじめびわ茶は安心・安全なお茶で

  • 健康効果
  • 美肌効果
  • ダイエット効果
  • リラックス効果

といった多くの効果が期待できます。

『健康的に美しくダイエットしたい方はねじめびわ茶!公式ページはこちら』

びわ茶の味とノンカフェイン

いくら健康に良くても苦手な味だと飲み続けるのは難しいですね。では「びわ茶」はどうでしょうか?

ねじめびわ茶」の味になりますが、このお茶はクセがなく、とても飲みやすいお茶です。しかもほんのりと甘味も感じるので、小さなお子さんでもおいしく飲めます。

また、びわ茶ノンカフェインなので何杯飲んでも、夜寝る前に飲んでも大丈夫です。健康や美容、ダイエット効果があって、しかも飲みやすいお茶となればすぐに試してみたいですね。

ねじめびわ茶の購入先

ねじめびわ茶は鹿児島ではいろいろなお店で取り扱いがありますが、その他の地域ではなかなかお店には置いていません。

一番おすすめなのが十津川農場のホームページです。ホームページから購入すると初回は送料無料で1パック1,080円(税込)で購入できます。

31包×1リットルなので31リットル分が1,080円ということは1リットルで約35円で飲むことができます。ただ1か月では効果が実感できない場合もあります。まずは最低でも3ヶ月は継続してみてください。

私は初回3パック購入したのですが、シリコン製のなべ敷きがついてくるというプレゼントがありました。

  • 健康診断の結果が悪かった
  • 病院で血圧や血糖値が高いと言われた
  • いつまでも元気で長生きしたいという方

このような方はぜひねじめびわ茶を3ヶ月は飲んでみてください。

ねじめびわ茶公式サイト

まとめ

びわの葉には昔からいろいろな病気を治すという不思議な力があり、身体に葉っぱを貼るなどして現代でもその治療法を実践して効果が出ている人がいます。

そのびわの葉をびわ茶として飲んで健康になっている人も多く、鹿児島大学と共同研究や多くの特許を出願して、ガンを抑制するなど取得しているものもあります。

このようなお茶は他にはありません。とても飲みやすいお茶ですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。