グラスフェッドバターから作ったギー

最近「ギー(Ghee)」というバターに近い食べ物が注目されているのをご存知でしょうか?テレビ番組などでも時々紹介されて、ようやく認知されつつありますが、まだまだ食べたことが無い人が多いのではないでしょうか。

なぜギーアーユルヴェーダで「究極のオイル」と言われているのかを知ると、すぐに食べたくなるはずです。

ギー(Ghee)とは?その特徴

ギー

ギーの原料は牛、水牛、ヤギのミルクです。そのミルクを沸騰させて煮沸殺菌し、その後乳酸発酵させて発酵無塩バターである「マカーン」が作られます。

その「マカーン」をじっくり加熱して溶かしたものをろ過して、タンパク質や水分、不純物を取り除いた「溶かしバター」のことを「ギ(Ghee)」といいます。

つまり「ギーはバターを加熱してろ過したもの」で、ギーアーユルヴェーダで「万能オイル」として何千年もの間利用されてきました。

インド以外にもアフリカやアジアの一部の地域でも利用され、アーユルヴェーダにおいてはギーは「最も優れたオイル最高の油)」とされており、その効能が最近の研究で次々に解明されてきています。ギーの特徴は

①常温で長期間保存できる

ギー不純物が無いこと、脂肪酸は飽和脂肪酸がメインであること、またビタミンEも豊富なため酸化しにくい特徴があります。そのため、インドのような高温多湿の地域でも 「長期間保存や常温保存できるオイル」のひとつとして重宝されています。

また、適切な環境下で作られた良質なギーであれば永久保存もできるとされ、なんとインドには100年も経つ年代物のギーが存在します!

②乳糖不耐性の人も平気

ギーは、ラクトース、カゼイン、乳固形分等を含まないため、乳糖不耐症の人も利用できます。

乳糖不耐症とは?
牛乳などの乳製品を摂るとお腹が痛くなるとか、下痢になると人は「乳糖不耐症」と呼ばれる牛乳の乳糖を消化できない体質の可能性が高いです。 日本人は乳糖不耐症が欧米人と比べるとかなり多いと言われています。 ですがこれは病気ではなく温めたものを少しずつ飲んで量を増やしていくと腸内に乳糖分解酵素が増えて次第に飲めるようになります。

 

乳製品が苦手という人もギーであればお腹を壊すことがありません。では次に「ギー」の主な栄養成分を紹介します。

ギーに含まれる注目の栄養成分

ギーはバターが原料なので、タンパク質を除けば栄養成分もバターと一緒です。

ですが、主に「穀物を食べて育った牛」のから作ったバターと「牧草を食べて育った牛」のから作ったバターではバターの栄養も変化します。

トウモロコシなどの穀物を牛に食べさせる理由は短期間で大きくなるために与えるのですが、その穀物はほとんど遺伝子組み換え作物です。また、外国産の穀物の飼料は農薬化学肥料も大量に使用している可能性が高いです。

さらに外国産(欧州以外)の牛は成長ホルモン剤過剰な抗生物質を投与されている可能性もあります。一方「牧草だけを食ベた牛」ならば遺伝子組み換えや農薬、化学肥料、ホルモン剤や抗生物質の心配が全くありません。

広大な牧草地で育っているのでストレスもほとんど無く、そのような牛のお肉や乳はとてもおいしいと言われています。

このように牧草だけを食べて育った牛から絞った乳で作ったバターを「グラスフェッドバター」と言い穀物をエサにしている牛よりも栄養価が高いと言われています。このグラスフェッドバターから作ったギーは「最高級のギー」です。

というより遠い昔の時代は牧草だけで育った牛が一般的でしたので「本物のギー」とも言えますね。今回はそのグラスフェッドバターから作ったギーの注目の栄養成分を紹介します。

①「中鎖脂肪酸」

グラスフェッドバター飽和脂肪酸が多くを占めますが、以前は

  • 動物性のバタ=悪い油
  • 植物性のサラダ油健康に良い油

というイメージが定着していました。ですが現在はバターの方がサラダ油よりも健康に良いと再評価されています。

実際バター飽和脂肪酸が多いのですが、その中で特に過剰摂取に注意しなくてはならないのは「長鎖脂肪酸」です。ですがギー長鎖脂肪酸の割合はそれほど多くなく、「中鎖脂肪酸」が多く含まれています。

中鎖脂肪酸と言えばココナッツオイルに豊富に含まれている「太らない油」ということで注目され、最近は中鎖脂肪酸100%のMCTオイルも人気があります。

短鎖脂肪酸の「酪酸

酪酸(別名ブチル酸)も飽和脂肪酸ですが、中鎖脂肪酸ではなく短鎖脂肪酸の一種です。国立循環器病研究センターの研究グループは、まだ動物(ネズミ)実験の段階ではありますが「酪酸が脂肪の分解を促進する」と国際的なオンライン科学誌である「プロスワン誌」に報告しています。

そして酪酸はネズミだけでなく人にも脂肪燃焼の効果があると言われていますが、この研究では効果が期待できるのは「良質のバターに限る」とも言っています。

つまり普通のバターではなく、質の良い「グラスフェッドバター」のことを指してします。ギーグラスフェッドバターから作ることで酢酸を多く摂ることができます。

③「共役リノール酸」

リノール酸不飽和脂肪酸オメガ6系脂肪酸の一種で、共役リノール酸リノール酸から作られます。ですが、共益リノール酸リノール酸は構造が異なるために「異性化リノール酸」とも呼ばれています。

共役リノール酸は脂肪をエネルギーに変えるために働く酵素を活性化させる働きがあります。この酵素は本来運動をすると活発になるので、共役リノール酸は運動することと同じような脂肪燃焼効果を持っています。

この共役リノール酸グラスフェッドで育った牛やミルクに多く含まれていることから、グラスフェッドバターの方が普通のバターよりも共役リノール酸が多く含まれています。

その他にもグラスフェッドバターは一般的なバターと比べてオメガ3脂肪酸が多く、さらに脂溶性ビタミンビタミンAビタミンEβカロテン(一部ビタミンAに変換)なども豊富に含まれています。

ギーの期待される効果や効能

①ダイエット効果(脂肪燃焼効果)

中鎖脂肪酸酪酸共益リノール酸にはそれぞれダイエット効果が期待されています。まず「中鎖脂肪酸」には

  • コレステロールがつきにくい
  • エネルギー代謝の活発化
  • 肥満の原因である中性脂肪をつきにくくする
  • 蓄積している中性脂肪を減らす

といった特徴があります。

「酪酸」には「脂肪の分解を促進する」という研究報告があったと既に紹介しましたが、それ以外にも

  • 非アルコール性脂肪肝
  • 脂質異常症
  • 肥満

といった治療に有効な薬の候補になるかもしれないと期待されています。

共役リノール酸」にも脂肪燃焼効果が期待されています。エネルギーに変える酵素の働きを活性化するので脂肪が燃えやすい体になり、代謝効率も上げることができます。

それだけでなく同時に筋肉を増加・増強させる効果もあり、共役リノール酸が含まれているサプリメントを飲みながら体を鍛えているボディビルダーやアスリートが増えている傾向にあります。

バターコーヒーダイエットにギーを使用

数年前から「バターコーヒーダイエット」が流行っているのをご存知でしょうか?流行ったきっかけはこちらの著書

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事です。

コーヒーに中鎖脂肪酸100%MCTオイル、そしてグラスフェッドバターを入れて飲むだけのダイエット法ですが、この本の中ではグラスフェッドバターの代わりにギーを使用するのもおすすめしています。

コーヒーにはダイエット効果があると言われていますが、MCTオイルギーといった2種類のオイルを使用することで、さらにダイエット効果がアップします。

②美肌・美白効果

ギーは油なので食べるとニキビが出やすくなると思うかもしれません。ですがギーには美肌・美白に効果がある抗酸化成分がたくさん含まれています。その抗酸化成分カロテンビタミンAビタミンEです。

体内に存在する活性酸素はある一定以上に増えると、シミしわそばかすたるみといった肌の老化は加速しますが、それを抑制するのが抗酸化成分です。

特にビタミンAとEを合わせてとるとビタミンEAの働きを活性化させ、相乗効果により抗酸化力が高まると言われています。またビタミンAは皮膚や目、口などの粘膜を健康に保つ作用もあるので美肌にも大きく影響します。

ギーの美肌効果は食べるだけではありません。直接肌に塗ると、皮膚の奥まで成分が届きやすい美肌効果のあるオイルです。どのような肌質の人でも使えるオイルで肌をやわらかく、そして丈夫にしてくれます。

③腸内環境を整え免疫力のアップ

共役リノール酸には免疫力のアップも期待されていて多くの病気の予防になります。

現在全世界で流行しているコロナウイルスや冬に大流行するインフルエンザウイルスノロウイルスも免疫力が強いとかかりにくくなり、万が一かかったとしても軽い症状で済むため。ギーのような免疫力アップにつながる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

もともと共役リノール酸発ガンを抑制する物質の成分を分析している途中で発見された成分です。

そして酪酸には、以下のような「腸内環境を整える作用」があります。

  • 腸内を弱酸性の環境にすることで悪玉菌の増殖を抑制
  • 大腸の粘膜を刺激して「ぜん動運動」を促進させ、便通を改善

また、最近の研究では、十分な酪酸(短鎖脂肪酸)の生成は、キラーT細胞の生成を促すことが分かってきました。キラーT細胞は、異物になる細胞(移植細胞、ウイルス感染細胞、癌細胞など)を認識して破壊することが知られています。

さらにカロテンビタミンA、Eの抗酸化成分も細胞の老化を防いでくれます。ビタミンEオメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする働きがあるため、動脈効果や生活習慣病などの予防効果が期待されています。

➃抗アレルギー作用

現代は「アレルギー社会」といわれるほと、何かしらのアレルギーを持っている人が多いです。花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、動物アレルギ―など、多くの人が悩まされています。ギーに含まれる共役リノール酸には、

  • アレルギー症状の原因となる物質の生成を抑える
  • アレルギー反応そのものを抑える

といった作用があり、アレルギーの改善が期待されています。またオメガ3脂肪酸抗アレルギー作用が期待されている成分です。

⑤眼精疲労や視力の回復

ギーに豊富に含まれるβカロチンは体内で一部ビタミンAに変化します。ビタミンAは「目のビタミン」と呼ばれますが、これは目の網膜にある「ロドプシン」という物質の主成分であるためです。この「ロドプシン」を活性化させることで眼精疲労視力の回復も期待できます。

実際にアーユルヴェーダのひとつにギーで目を洗うリフレッシュ法の「ネトラバスティ」があります。これは小麦粉などで作った土手で目の周りを囲み、そこにギーを流し入れるという方法です。(ただしこの方法は危険なので必ず専門の人にやってもらうようにしてください)

このネトラバスティ

  • 眼精疲労の回復
  • ドライアイの解消
  • 目のアレルギー症状の緩和

といった目の不調に対する効果がある他、白目をクリアに見せる効果やクマや目元のくすみに対する効果も期待されています。

⑥脳の活性化、アルツハイマー対策など

認知症予防

ギーに含まれている豊富な中鎖脂肪酸オメガ3脂肪酸により『脳の活性化』が期待されています。特にオメガ3脂肪酸の「DHAやEPA」は、青魚やエゴマにも含まれている成分で、近年脳の活性化に役立つことが分かってきました。

また、以前ココナッツオイルは「認知症の予防に効果がある」ということで注目されましたが、それは中鎖脂肪酸によるものです。ギーを食べることが脳の活性化につながり、認知症やアルツハイマーの予防につながると期待されています。

このように多くの効果や効能をもたらしてくれるギーですが、バターから簡単に作ることができます。

ギーのまとめ

ギーはバターを加熱してろ過したものです。タンパク質や水、不純物などが取り除かれて最高の油に常温で保存が可能です。ただし高い効果を期待したい場合は良質のバターであるグラスフェッドバターから作ったギーを選びましょう。それにより最高級のギーになります。

動物性の油は、健康に良くないイメージが持たれがちですが、不純物などが取り除かれたギーには、うれしい効能が沢山あります。まずは、日頃の料理に使うサラダ油ギーに変えてみるなどして、取り入れてみてはいかがでしょうか。