腸活ブーム」で発酵食品が人気ありますが、その中でもおすすめは植物性乳酸菌が豊富な「ぬか漬け」です。ぬかが身体に良いのはもちろんのこと漬けている野菜まで栄養価がアップするので、健康美容そしてダイエット効果があります。

ただし、「ぬか漬け」は以前と比べると自宅で作っている人が少なくなっているようですし、お店で買う人も減ってきているのではないでしょうか?ですがぬか漬け作りは失敗も少なくお財布にも優しいので、ぜひ一度試していただきたいです。

ぬか漬けを作るには「毎日かき混ぜる必要があるので結構面倒!」と思うかもしれませんが、最近は冷蔵庫でぬか漬けをつくる方法もあり、その場合は毎日かき混ぜなくても大丈夫なので忙しい人にはぴったりです。

今回はぬか床・ぬか漬けの作り方を中心に失敗しないためのポイントなを紹介します。

ぬか床・ぬか漬けの簡単な作り方

ぬか漬け②

日本一ぬか漬けが美味しいと評判が高い250年もの歴史のある老舗旅館のレシピです。

ぬか床の材料

用意するもの

  • 米ぬか(炒っていないもの、できるだけ新鮮なもの)
  • (米ぬかに対し13%)※米ぬか1kgの場合 塩130g
    精製塩よりも粗塩がおすすめ
  • 器: 適した容器はホウロウ、陶器、ガラス製
    必ずふた付きのものを用意

ぬか1kgに対して3.5~4ℓの容器が必要です。目安はぬか床の倍の高さのあるもの。容器を持ってない方におすすめはやはり人気の「ぬか漬け美人」ですね。


野田琺瑯 ホワイトシリーズTK-32 ぬか漬け美人

ニオイがつきにくい点冷蔵庫に収納しやすいのがうれしいですね。一年中色々なぬか漬けが楽しめます。これだけでぬか床ができますが、こだわりたい人は下記の食べ物も入れてみましょう。

香りづけ材料(お好みで)

いりこ
いりこ
  • いりこ:米ぬか1kgの場合 7匹程度が目安
    袋に入れて冷凍し、その後荒く砕く
  • 鷹の爪:米ぬか1kgの場合 3本ぐらいが目安
    細かく切って種ごと入れる
  • にんにく:ひとかけら
    薄くスライスして入れる

風味を加えたい時

ぬか床が熟成してから入れます

  • 昆布
  • ゆず
  • 鉄:100%素材のもの
    分銅など(野菜の色が鮮やかなります)

ぬか床の作り方

①米ぬかに直接塩を入れ十分かき混ぜます。

塩を水に溶いてから入れる場合もあるようですが、塩加減がわかりづらくなるため、溶かさずに直接塩を入れましょう。

②香りづけ材料を入れ、水を少しずついれてかき混ぜます。耳たぶぐらいの柔らかさになるように、水の量を調整します。

たったこれでぬか床の完成です!ぬか床が熟成するまでには数日かかります。それまでは、美味しいぬか漬けになりません。

また、くず野菜を入れてぬか床の発酵を促すといった方法があるようですが、老舗女将のこだわりで「くず野菜づけは行わず、最初から本番づけをする!」とのことです。

毎日の野菜の味を確かめて、ぬか床の熟成具合を知ることが大切です!

ぬか漬けに合う野菜と合わない野菜

ぬか漬けの野菜は好みの野菜で良いですが

  • きゅうり
  • 大根
  • 白菜
  • キャベツ
  • ナス
  • にんじん
  • かぶ

などがおすすめです。反対に合わない野菜は水分が多いトマトタマネギです。ナスかぶなどは切り込みを入れると味がしみ込みやすくなります。

では野菜を入れてからどれくらいで食べられるようになるかというと常温なら約1日冷蔵庫なら3日が目安です。

ただし、これも好みがあり、サラダ感覚で食べたい方は早めに取り出したほうがおすすめですし、糠の香りを楽しみたい方はじっくり漬けておいたほうが旨味が増します。

おすすめのぬか床セット

ぬか漬けは作りたいと思うものの、ここまでは面倒だし、時間もないし無理!」と言う方は、ぬか床セットがおすすめです。

おしくて安全で本格的なぬか漬けを作りたいというぜいたくなあなたにおすすめのキットは「たね坊お手入れ熟成足しぬかセット」です。

こちらのぬか床のセットは楽天市場で2年連続グルメ大賞を受賞したものです。35年間継ぎ足してきた「熟成ぬか」に国産原材料を配合してから熟成するまで約1ヶ月もの時間をかけています。

企業秘密の熟成方法で作られた「ぬか床」は毎日かき混ぜなくても美味しいぬか漬けが漬けられるので忙しい人にもピッタリです。

【送料無料】お手入れ熟成足しぬかセット(煎りぬか付) ぬか床冷蔵庫簡単 グルメ大賞2年連続受賞 ぬか床無添加 ぬか床冷蔵庫 ぬか床容器 ぬか床づくり 漬け床 ぬか床セットぬか床 ぬか漬け ぬか漬けセット

混ぜるだけですぐできますので、初心者の方も失敗しらずです!!

ぬか漬け・ぬか床のお手入れ方法や失敗しないポイント

ぬか漬け③

次にぬか床のお手入れ方法を紹介します。ここからが本番です。植物性乳酸菌ぬか床でどんどん増えています。

ぬか床のお手入れ方法と注意点!カビ対策

とにかくよくかき混ぜてください。常温なら毎日冷蔵庫で保管しているなら4,5日を目安にかき混ぜましょう。

乳酸菌や酵母菌などが生きていますので愛情を込めて混ぜてくださいね。

ぬか床にカビが生えた場合

カビにはいくつか種類がありますが白カビと見えるのは実はカビではなく酵母菌です。そのため白いものがポツポツと現れた場合は問題はないですが、発酵して増えすぎるとシンナーのような香りになるので注意してください。

このような場合は表面と底を入れ替えるようにかき混ぜましょう。また冷蔵庫に入れると発酵が止まります。

一方カビの場合は注意が必要です。カビの部分を含め、表面から1~2cmほど大目に取り除きましょう。それでもまだ匂いや味が変なら捨ててください。

カビを生やさないために

  • 暖かいところで長期間放置しない
  • 容器のフチなどについたぬかはきれいにふきとる
  • ぬかの表面を平らにして空気をぬき雑菌の繁殖を抑える

これらを心がけてください。また「ぬかを足す時に塩分を足さないとカビが生えやすくなる」ので注意しましょう。その他にもトウガラシを入れると長持してカビが生えにくくなるのでおすすめです。

ぬか床が水っぽくなったら

乾いたぬかを加えてまぜてください。この場合も、炒ってなくて新鮮なものをなるべく選んでください。また、出てきた水分を捨ててしまう方もいるようですが、実はこの液体には沢山の乳酸菌がいます。捨てずに上手く硬さを調節してください。

また、水分を吸ってくれるような昆布乾燥湯葉切干大根、乾燥大豆、干ししいたけなどの食材を漬けるものおすすめです。

ぬか漬けが酸っぱくなったら

乳酸菌が増えすぎてしまっています。酸っぱくなったり、つけ具合が悪くなったりしたら塩を加えて混ぜましょう。塩を入れることで乳酸菌の発酵が抑制されます。

塩を入れたら、2,3日は野菜を入れずぬか床を休ませてあげてください。これで、おいしいぬか漬けができます!ぬか漬けの効果や効能は

ぬか漬けの効果効能!植物乳酸菌や酵素・酵母で健康的にキレイになろう!を参考にしてください。

まとめ

ぬか漬けの注目の栄養成分

  • 身体の重要な働きをする腸を活性化させる植物性乳酸菌
  • 老化を防ぐ酵素
  • 糖質を分解する酵母

などですが、これからを一度に摂れる魅力的な食べ物です!もちろん野菜の栄養も取れますし、ぬか漬けにすることで野菜の栄養価がアップするなど健康や美容、そしてダイエットにも効果があります。

スーパーなどでもぬか漬けを購入することはできますが、簡単なのでできれば手作りでいつでも食べられるようにしておきましょう。

野田琺瑯 ホワイトシリーズTK-32 ぬか漬け美人

【送料無料】お手入れ熟成足しぬかセット(煎りぬか付)

ぜひ愛情を込めてペットのように育ててみてください。